人工海浜砂層内空洞の形成過程に及ぼす埋設物の影響  [in Japanese] Numerical simulation on drifting and submerging containers driven by tsunami  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

人工海浜では, 護岸背後に埋め立てられた砂地盤が常時の波浪の外力によって防砂板の亀裂等の隙間を通じて吸出され, 護岸背後の砂層内に形成された空洞が成長して, 砂層の沈下・陥没を誘発する被災事例があるが, 空洞成長メカニズムの理解は必ずしも十分ではない. 本稿では, 三次元個別要素法を基礎とした粒状体モデルを用いた数値シミュレーションによって, 特に, 地盤盤内埋設物が空洞成長過程に及ぼす影響を計算力学的に検討した. さらに, 空洞形成過程における地盤の内部構造を粒子間接触力の観点から検討し, 埋設物を含む地盤での空洞形成機構を明らかにした.

Journal

  • PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE

    PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE (51), 806-810, 2004

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130003807876
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12508551
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0916-7897
  • NDL Article ID
    11235260
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-1894
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top