スカートにおける着装の動態研究 III  全円フレヤスカートの動態の解析  スカートたけを異にする場合:―全円フレヤースカートの動態の解析―スカート丈を異にする場合  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

スカート丈を異にした全円フレヤースカートにつき, パネルの歩行動作にともなうすそ線各点の軌跡を測定した.それによると<BR>(1) すそ線各点は歩行とともに, 移動軌跡が歩行速度によってそれぞれ異なり, またスカート丈としてみれば, ミニ, ノーマル丈ではランダムに, ミディ丈では方向性のある回転を示す.<BR>(2) すそ周面積の増減については<BR>a) ミニ丈ではパネルの足 (太もも) の動きに同期して動き, したがって振幅は大きく周期も安定している.<BR>b) ノーマル丈では歩行速度が早くなると, ひざとスカートとの接触する力が大となり, 足の動きと関係ない複雑な動きを示す.<BR>c) ミディ丈では直接足に接しないため, 歩行動作の半周期で細かく揺動する.<BR>(3) すそ線各点のうち, 隣接するもの同志は移動距離に相関性が見られ, はなれた位置同志の関連性 (相互干渉) は, ノーマル丈について大きく他の丈のものでは比較的うすい.

Journal

  • JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 18(8), 301-307, 1977

    The Japan Research Association for Textile End-Uses

Codes

Page Top