Piezo‐Electric Pulse Transducerを用いた嚥下動態の解析 The analysis of the swallow dynamic phase using Piezo-Electric Pulse Transducer<SUP>®</SUP>

この論文にアクセスする

著者

    • 豊里 晃 Toyosato Akira
    • 新潟大学医歯学総合研究科摂食・嚥下障害学分野 <I>Division of Dysphagia Rehabilitation, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences</I>
    • 野村 修一 Nomura Shuichi
    • 加齢・高齢者歯科学分野 <I>Oral Health in Aging and Fixed Prosthodontics, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences</I>

収録刊行物

  • 日本顎口腔機能学会雑誌

    日本顎口腔機能学会雑誌 10(2), 162-163, 2004

    日本顎口腔機能学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003820274
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9085
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ