ペプチドアレイを用いたプロテインチップの実用化を目指した研究 Development of a Practical Protein-Chip Using Designed Synthetic Peptide-Arrays

この論文にアクセスする

著者

抄録

電気泳動や質量分析による解析に代わる新規なハイスループット技術はタンパク質の機能解析には不可欠となっている. 筆者らは高感度で検出が可能な, 実用性のある新しい手法によるプロテインチップの開発を実施している. すなわち, 蛍光プローブで標識されたα-ヘリックスやループといった二次構造をとるペプチドを設計・合成し, これをアレイとしてタンパク質との相互作用を検出する手法である. ライブラリー構築, 標識, 2種のアレイヤーの試作, 固定化, 検出など, 製造という観点に重点をおき実用化を目指している. 最近, 筆者らはペプチドライブラリーと各種タンパク質による認識が蛍光強度パターンとして, 各タンパク質に特異的な縞模様として検出できることを見いだした. プロテインフィンガープリント法と名付けたこの手法を用いて次世代バイオチップの実用化を図ろうと考えている.

Novel high-throughput technologies, which can replace conventional electrophoresis and mass spectroscopic analyses, are in great demand for understanding the structure-function relationships of proteins. For a practical protein-detection system, arrays with immobilized designed synthetic peptides have been constructed. Peptides were labeled with fluorescent dyes in order to achieve high sensitivity. Two different types of prototype-arrayer have been constructed: one has a micro-dispensing system and the other a spot-printing system. Combinatorial peptide libraries, which consisted of β-loop, β-strand and α-helical peptides, were constructed by improved highly efficient solid-phase synthesis. Labeled peptides were covalently immobilized on solid supports such as precision glass plates. Various proteins were characterized with these peptide-arrays using a fluorescent scanner to give the“protein fingerprint”which is characteristic of the individual proteins. The results of the present prototype system demonstrate the practicality of protein-chips as a new generation of biochips.

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 61(10), 523-532, 2004

    公益社団法人 高分子学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003837855
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0386-2186
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ