マニラ都市圏における土地利用と人口の空間的分布に関する研究 Study on the Spatial Distribution of Land Use and Population in Metro Manila

この論文にアクセスする

著者

抄録

マニラ首都圏の人口は地方部からの人口流入によって、1980年の592万人から1995年には945万人へと増加した。現在、この人口増加はスコッター地区やスラム街の拡大を引き起こし、深刻な環境問題となっている。土 地利用政策による人口誘導のための既存の都市モデルは、開発途上国特有のデータ欠如への配慮が為されていなかった。そ こで本研究はマニラ首都圏の1986年、96年における土地利用データを用いて土地利用と人口の空間的分布について分析する。

The population of Metro Manila has increasing from 5, 926 thousand in 1980 to 9, 454thousand in 1995 because of migration from local regions. Now increase of population causes expansion of squatter and slum area and will cause more serious environmental problems. Upon reviewing previous urban model for predictingthe population increasing impact of the change of land use, authors shows that most of the notable models did not pay due attention to the lack of data in developing countries. Then, this research is analyzing the spatial distribution of land use and population, using a land use data of Metro Manila in 1986 and 1996.

収録刊行物

  • 土木計画学研究・論文集

    土木計画学研究・論文集 16, 225-230, 1999

    公益社団法人 土木学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003839996
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0913-4034
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ