公共交通のサービスレベル低下による生活行動の格差分析 An analysis of activity of elderly people in rural area

この論文にアクセスする

著者

抄録

本論文では, 公共交通のサービスレベルが生活行動の格差に影響を及ぼしていると考え, これを検証するために, 青森県南津軽郡平賀町において実施した高齢者を対象とした生活行動実態調査をもとに, 新たに導入した自動車の利用可能性による属性分類と公共交通のサービスレベルの違いによる比較分析により, 生活行動に格差があることを明らかにした.この格差は, 自動車を自由に利用できない人に顕著であり, 過疎地域における高齢者のモビリティの確保には, 公共交通のサービスレベルが密接に関わっていることが明らかになった.

In this Paper, In order to think that the service level of public transport system has affected the gap of life action and to verify this By the comparative analysis by the difference in the service level of the attribute classification by the availability of the car newly introduced based on the life action survey for the elderly people who carried out in Hirakamachi, Minami-Tsugaru-gun, Aomori-ken, and public transport system. which showed clearly that a gap is in life action-this gap is remarkable in those who cannot use a car freely, and it became clear that the service level of public transport system is closely concerned with reservation of elderly people's mobility in a depopulated area

収録刊行物

  • 土木計画学研究・論文集

    土木計画学研究・論文集 (22), 583-591, 2005

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003840256
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0913-4034
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ