わが国の都市内公共交通軸空間の実態に関する研究 A Study on the Corridor of Urban Public Transport Systems in Japan

Access this Article

Author(s)

Abstract

近年, 公共交通軸の概念がいくつかの都市交通マスタープランで検討されているが, 具体的イメージを欠いたまま概念のみが先行している懸念がある。本研究は, 公共交通軸の我が国への適用可能性を考察し, 今後の公共交通整備のための知見を得ることを目的としている。まず, わが国におけるバスや路面電車の高頻度運行区間を抽出し, その実態と特徴を整理した。分析では, 各種データを活用し、公共交通軸空間沿線の交通特性等の特徴を経年変化から読み取った。結論として, 特にTODを意識していない地方都市の公共交通軸空間でも, 公共交通分担率を高い水準で維持していることが分かった。一方, 人口・商業指標に基づく郊外化の進行を踏まえ, 都市計画と交通計画の連携の必要性を示唆した。

This study aimed to examine the applicability of transit axis on Japan, and to acquire the fundamental knowledge for public transportation planning in the future. In this study, the authors extracted the sections with high frequency service of bus or tram as the corridors of urban public transport systems, and clarified the current situations and the characteristics. In analysis, the authors identified the features of the corridors such as characteristics of transportation and commercial aspects through the use of various statistical data This paper concluded that several cities preserve high level transit share of the modal split even if the transit axis have no concept of TOD.

Journal

  • INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW

    INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW (22), 643-650, 2005

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top