福祉有償運送サービス導入後の移動制約者の交通行動に影響を与える要因の分析 Factor analysis about travel behavior of the limited mobility people after introduction of special transport service.

この論文にアクセスする

著者

抄録

高齢者や身体障害者などの移動制約者に対して, 公共交通機関を補完するSTサービス導入に対する社会的要請が高まっており, この状況を打破するために2003年4月, 国の構造改革特別区域の一つとして道路運送法第80条第1項の規制が緩和された.そして2004年4月には, 全国において同法の規制が緩和され移動制約者を対象とした福祉有償運送サービスが開始された<BR>そこで, 本研究では岡山市・倉敷市において, 福祉有償運送サービスの利用登録者を対象にアンケート調査を実施し, その結果を用いて移動制約者の外出頻度や福祉有償運送サービス利用の有無に影響を及ぼす交通行動の要因を実証的に明らかにした.

The central government authorized all area of Okayama Prefecture as special zones for structural reform in April 2003, and deregulated the ST Service (Special Transport Service) in Okayama Prefecture. Then in 2004, the ST Service was permitted in nationwide.<BR>We conducted the questionnaire to the limited mobility people in Okayama and Kurashiki City where the ST Service has already started. We asked them the purpose of trip, the using transport mode, and the ST Service use.We made empirically clear the factors about travel behavior such as the purpose oftrip, and the ST Service use.

収録刊行物

  • 土木計画学研究・論文集

    土木計画学研究・論文集 (22), 815-822, 2005

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003840286
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0913-4034
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ