都市撤退 (リバース・スプロール) に関する計測手法の開発とその適用 Development and Application of the New Index to Diagnose Reverse Sprawl

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究は, 近年着目され始めた新たな現象の一つである都市撤退と従来からの現象であるスプロールに着目し, それらの非効率性を地区レベルで評価できる指標を考案したものである. その際, 従来の指標で用いられる建築物率や道路率などよりもさらに変動が激しい個々の建築物の変化に着眼し, 建築物単位における土地利用変化の評価を行った. また, 本研究で考案した指標を市街地形成時の整備手法が異なる3地区に適用することで, 市街地のタイプ別に都市撤退とスプロールの実態を分析した. その結果, 市街地形成時における整備手法の違いが撤退時における非効率性の度合いに影響していることが定量的に示された.

The purpose of this study is to suggest indexes to evaluate the pattern of urban retreat and development in the district. To analyze features of urban retreat and urban sprawl, indexes were applied on three different types of residential zones. Results showed, that features of urban retreat are different in different types of residential zones. In particular, it is clarified that urban retreat goes disorderly in a these there residential zone types.

Journal

  • INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW

    INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW (24), 183-190, 2007

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top