皮膚科領域における自律神経調節剤トフィソパム(グランダキシン)の使用経験 Clinical Evaluation of Tofisopam (Grandaxin) on Several Dermatological Diseases in Patients with Psychosomatic Symptoms.

この論文にアクセスする

著者

抄録

自律神経失調症を合併する皮膚科疾患患者12図に対して, 自律神経調整剤トフィンバム (グランダキシン<SUP>R</SUP>) の有効性を検討した。トフィンバムは1日150mgを2週間以上投与した。蕁麻疹では, 著効2例, 有効1例, 皮膚癌痒症では有効と無効各1例, 多汗症では, 著効2例, やや有効と無効が各1例, 円形脱毛症では, 著効とやや有効が各1例, ヘルペス後神経痛1例では, やや有効であった。すなわち, 12例中7例に有効以上 (58.3%), 10例にやや有効以上 (83.3%) の効果を認めた。皮膚科的症状に伴い, 種々の身体的・精神的症状も軽快が見られた。副作用は1例にのみ軽度の眠気が見られた。以上の如く, 症例を選べば, トフィソパムは皮膚科領域においても有用な薬剤と考えられた。

The clinical evaluation for tofisopam (Grandaxin<SUP>R</SUP>), a known regulator forautonomic nervous system, on severaldermatological diseases in patients withvarious psychosomatic symptoms was performedin open trial (chronic urticaria, 3 cases;pruritus cutaneus, 2 cases; hyperhidrosis, 4cases; alopecia areata, 2 cases, post-herpeticneuralgia, 1 case). The final global improvementwas 100% in urticaria and 50% inpruritus cutaneus, hyperhidrosis and alopecia areata. The effect on postherpetic neuralgiawas slight. Side effect was observed in onlyone case. In conclusion, tofisopam (Grandaxin<SUP>R</SUP>) can be regarded to be useful in the field of dermatology.

収録刊行物

  • 皮膚

    皮膚 33(6), 699-707, 1991

    日本皮膚科学会大阪地方会

各種コード

ページトップへ