男鹿半島におけるアルフェド角閃石コメンド岩の産出 OCCURRENCE OF ARFVEDSONITE COMENDITE FROM OGA PENINSULA, JAPAN

Access this Article

Author(s)

Abstract

男鹿半島南海岸双六部落の凝灰角礫岩中の角礫として,少量ながらコメンド岩が産出する.その地質層準は中部中新世の男鹿層群中の立由崎凝灰岩部層と考えられる.その構成鉱物はサニデイン,石英,アルフェド角閃石,エジリン及び鉄鉱などで,化学組成はSiO2.とNa2Oにとみ,典型的なコメンド岩に属する.これは東北日本におけるコメンド岩の最初の産出で,第三紀火成活動史よりみて,その岩石区的意義を検討した.

Journal

  • The Journal of the Japanese Association of Mineralogists, Petrologists and Economic Geologists

    The Journal of the Japanese Association of Mineralogists, Petrologists and Economic Geologists 49(1), 22-28, 1963

    Japan Association of Mineralogical Sciences

Codes

Page Top