産業連関表などの経済・生産統計を用いたマテリアルフローとストックに関する解析手法の開発  [in Japanese] A STUDY OF A RECONCILIATION MODEL OF MATERIAL FLOW AND STOCK ACCOUNTS WITH ECONOMIC AND INDUSTRIAL STATISTICS  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本論文では, 循環型社会の構築に寄与する情報の提供を目的として, マテリアルフローとストック量を整合的に推計する手法を提案した. さらに, その手法に基づいてわが国の近年におけるこれらの諸量の推計を行なった. 取り上げた例は, 1970年から1995年における日本全体を対象としたもので、総務庁が構築している多年次の産業連関表および物量表を長期的な時系列比較ができるように加工し, 木材, 鉄, 骨材の3つの物質に関するフローとストック量を推計したものである. ストック量の経年変化の推計結果からは, 木材のストック量は伸びがゆるやかになっているのに対し, 骨材のストック量は依然高い伸びを示していることが明らかになった. 鉄はこれらの中間の傾向を示した. また, マテリアルフロー推計の結果, 各産業におけるそれぞれの物質の投入量・産出量・廃棄物量などが把握できた.

We proposed a reconciliation method in order to estimate material flow and stock for providing information to construct Recycle-based society. Using Input-Output Tables, industrial statistics and waste statistics as input data, this study estimated material flow and stock from 1970 to 1995 in Japan. The models developed here have been applied to three target materialswood, iron, and gravel/building stone. Based on the estimation, stock of wood has grown gently; On the one hand, stock of gravel and building stone has grown rapidly. That of iron was intermediate. As for the material flow, input, output, waste and stock of target materials by each industry sector were estimated.

Journal

  • ENVIRONMENTAL SYSTEMS RESEARCH

    ENVIRONMENTAL SYSTEMS RESEARCH (32), 65-73, 2004

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130003948961
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1345-9597
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top