黒糖の抗酸化性について Studies on Antioxidative Activity of Brown Sugar

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

11種類の糖及び16種類の蔗糖の抗酸化力を測定し,次のような結果を得た。<BR>(1) 11種類の糖類について抗酸化力を測定した結果,五炭糖,六炭糖は酸化を促進し,また,それらの二糖類はリノール酸の酸化安定性にほとんど影響しないか,やや抗酸化的に作用する。一方,黒糖は著しい抗酸化的作用を示した。<BR>(2) 16種類の蔗糖のリノール酸の酸化安定性に及ぼす影響を試験した結果,グラニュ糖の抗酸化力はほとんど認められず対照区と同じか,やや酸化促進的な作用を示した。また,三温糖には顕著な酸化促進性が認められ,さらに黒糖は著しい抗酸化力を示した。三温糖の酸化促進性,また黒糖の抗酸化力は,これら蔗糖に含まれる微量成分(鉄,銅,アミノ態窒素,全窒素及び着色物質)のバランスの上に成立すると推論した。<BR>(3) 粗糖,グラニュ糖及び廃糖蜜の抗酸化力を測定した結果,グラニュ糖<粗糖<廃糖蜜の順であった。<BR>(4) 黒糖(L)の非透析物のDEAE-セルロースによる分画の結果,6つのピークに分別された。それら各ピークの抗酸化力を420nmの吸光値当りで比較した結果,ほとんど同じ程度の効力を示した。<BR>(5) 黒かりん糖(黒糖使用)は白かりん糖(上白糖使用)に比較して著しく安定であった。

Antioxidative activities of 11 kinds of sugars and of 16 kinds of cane and beet sugars were studied. (1) Among eleven sugars examined, pentoses and hexoses showed prooxidative activities but disaccharides such as lactose and sucrose showed no influence on oxidative stability of linoleic acid. However, antioxidative activity was recognized with brown sugar. (2) Among sixteen cane and beet sugars examined, antioxidative activity was not detected with granulated sugar and soft yellow sugar showed prooxidative activity on oxidative stability of linoleic acid. However, five brown sugars showed strongly antioxidative activity. (3) It was confirmed that antioxidative activity of brown sugar and prooxidative activity of soft yellow sugar are influenced by trace elements (iron and copper), nitrogenous and colored substances contaimed in sugar. (4) In the comparison of antioxidative activities of raw sugars, granulated sugar and molasses, the highest activity was recognized with molasses.

収録刊行物

  • 日本食品工業学会誌

    日本食品工業学会誌 28(6), 303-308, 1981

    社団法人 日本食品科学工学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003967078
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192587
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0029-0394
  • NDL 記事登録ID
    2318323
  • NDL 刊行物分類
    PC7;PA91
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ