有明海の過去25年間における海域環境の変動特性  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

環境悪化の悪循環に陥っていると懸念される有明海の環境変化の要因分析を行なうにあたり, 水質特性や底質特性, 気象などの過去25年間のデータを用いて整理と解析を行なった.その結果, 水質環境の変動特性により5つの海域に分類でき, 以前より湾奥では夏季に密度成層が形成され, 海底面近傍では貧酸素化現象が起こっていたこと, 海域全体の窒素循環において硝化能力が低下していること等が明らかとなった.また, ノリの色落ちが顕著であった2000年には, 春-夏期の高日射量と秋-冬期の高雲水量, および冬季の高水温と降水による栄養塩の流入等, 気象要素の異変などが明らかとなった.

Journal

  • PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE

    PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE (50), 1001-1005, 2003

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top