熊本白川河口干潟における土砂収支の検討  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 栗山 善昭
    • (独法) 港湾空港技術研究所海洋・水工部漂砂研究室|熊本大学沿岸域環境科学教育研究センター
    • 滝川 清
    • 熊本大学沿岸域環境科学教育研究センター
    • 榎園 光廣
    • 国土交通省九州地方整備局熊本港湾・空港整備事務所
    • 野村 茂
    • 国土交通省九州地方整備局熊本港湾・空港整備事務所第一工務課
    • 橋本 孝治
    • (株) アルファ水工コンサルタンツ|(独法) 港湾空港技術研究所漂砂研究室
    • 柴田 貴徳
    • 熊本大学沿岸域環境科学教育研究センター|福山コンサルタント (株) 事業部次長兼調査部

Abstract

熊本白川河口干潟を対象として, 干潟およびその周辺で取得された広域かつ長期の深浅データと波浪データ, 流量データとを基に, 干潟の土砂収支を検討した。その結果, 大規模な出水があった場合には, 約65万m<SUP>3</SUP>/yrの河川からの流出土砂量に対して, 干潟およびその周辺から約35万m<SUP>3</SUP>/yrの土砂が流出し, 残りの約30万m<SUP>3</SUP>/yrが干潟およびその周辺に堆積するのに対して, 大規模な出水がない場合には河川からの流出土砂量が約10万m<SUP>3</SUP>/yrとなるため, 約25万m<SUP>3</SUP>/yrの侵食となることが明らかとなった。

Journal

  • PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE

    PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE (50), 556-560, 2003

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top