被圧海底地盤の流動化による護岸前面の捨石群端部の沈下過程  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

波浪による海底地盤の液状化によって, 地盤支持力が低下し, 護岸や防波堤の堤脚部に設置された侵食防止のためのブロック群や捨石群が沈下・埋没する被災事例が報告されている. 本稿では, 耐圧式砂層水槽による水理実験と個別要素法に基づく数値シミュレーションの双方から, 液状化による砂地盤の支持力低下がもたらす捨石群の沈下・埋没に伴う変形過程を詳細に検討する. 特に, 捨石群端部の被覆形状の違いが沈下・埋没に及ぼす影響に着目し, 個別要素法が離型の数値モデルであることの利点を活かして, 実験では把握することが困難な捨石群の変形過程の内部構造を, 個々の捨石間の作用力を通じて計算力学的に検討する.

Journal

  • PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE

    PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE (50), 861-865, 2003

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top