2004年東海道沖地震における四国東部自治体の津波防災対応

この論文にアクセスする

著者

抄録

2004年9月5日に発生した紀伊半島沖地震, 東海道沖地震の2回の地震の際の自治体の対応状況をまとめた. 徳島県では概ね震度3, 高知県東部では震度2程度, 来襲した津波高も室戸港で最大0.5m程度であり, 被害は発生していない. しかし, 職員の非常参集体制, 情報収集と伝達方法, 海面監視の方法などの点で検討すべき事項が見出された. これを契機に複数の自治体で津波注意報発令時の配備動員体制を再検討するなど津波防災体制の見直しが行われつつある.

収録刊行物

  • 海岸工学論文集

    海岸工学論文集 52, 1331-1335, 2005

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003991608
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0916-7897
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ