2004年スマトラ沖地震津波のインドネシア・バンダアチェ被害調査  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

2004年12月26日に発生したスマトラ沖地震津波による被害調査をスマトラ島北端, バンダアチェ付近で行った. Rhitingは外洋に突き出した半島に位置しており, 2つの小山の鞍部を津波が乗り越えていた. ここでは局所的な地形及び急峻な海底勾配などの諸条件が重なり, 48.9mという津波痕跡高を計測した. Lepungでは海岸線から山崖までのおよそ900mに渡る平地が荒野と化し, 山崖で計測した津波痕跡高は18.7mであった. また, 津波による海岸侵食が各地で発生していた. 災害による被害の度合いは各地域の地形的・社会的特性に依存していた. スリランカ南部調査との比較も踏まえ, それぞれの地域に適した防災対策を進める上での知見を得た.

Journal

  • PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE

    PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE (52), 1371-1375, 2005

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top