平均海面仮定に基づく強風下吹送流のバースト層モデル

この論文にアクセスする

著者

    • 村上 智一
    • 岐阜大学大学院工学研究科環境エネルギーシステム専攻
    • 安田 孝志
    • 岐阜大学大学院工学研究科環境エネルギーシステム専攻

抄録

強風下では発達した風波によって水面が白波に覆われ, ベキ則層 (バースト層) が平均水面直下に生成される. 本研究では, 強風下吹送流を適切に扱うために, 二重床風洞水槽を用いた水理実験を行い, 平均水面までの水平流速の鉛直分布を求め, これを基にしてバースト層生成の原因となる砕波応力をモデル化し, 平均海面仮定に基づくバースト層モデルを開発した. そして, SOLA法によってその再現計算を行い, 従来の数値計算では再現できなかったバースト層内の急峻な流速の鉛直分布を含めて実測分布が再現できることを明らかにし, モデル化が適切であることを実証した.

収録刊行物

  • 海岸工学論文集

    海岸工学論文集 (52), 66-70, 2005

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003991749
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0916-7897
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ