ベキ則に従う強風下海洋表層の渦動粘性係数の算出法について  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 村上 智一
    • 岐阜大学大学院工学研究科環境エネルギーシステム専攻
    • 林 雅典
    • 岐阜大学大学院工学研究科環境エネルギーシステム専攻
    • 安田 孝志
    • 岐阜大学大学院工学研究科環境エネルギーシステム専攻

Abstract

強風下の水面直下に形成される非対数則層 (バースト層) の生成によって, 対数則を前提とした乱流モデルの強風時の適用性に問題が生じる. 本研究では, 二重床風洞水槽および階層的相関法を用いた水理実験によって, 流速データを取得し, 平均流成分からのカスケード, 波動および砕波による乱流成分に分けて取扱うことで乱流構造を明らかにした. そして, k-εモデルにこれらの実測データを代入することにより乱流エネルギー, エネルギー散逸率および鉛直渦動粘性係数を求め, これによって強風下の渦拡散現象の取扱いに必須となる非対数則層の渦動粘性係数の算出が可能となることを示した.

Journal

  • PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE

    PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE (52), 71-75, 2005

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top