岩木川水戸口旧河道閉塞時の波浪追算と漂砂過程

この論文にアクセスする

著者

抄録

岩木川の河道である水戸ロは過去に, 西北西の強風, 激浪時の漂砂で閉塞し, 岩木川の流れを止め堪水災害となり大きな被害を与えていた.そのため, 1918年 (大正7年) から1930年 (昭和5年) までの12年間に河口部の地形測量, 浮標による潮流観測, 深浅測量等の観測調査が行なわれた.その後, 調査結果を基に突堤・導流堤が設置され, 水戸口突堤・導流堤は, 完成後閉塞することなく今日まで河道を維持している. 本研究は, 大正時代に作成された記録を基に, 波高と汀線方向の波エネルギーから沿岸漂砂量を算出し, 河口部中心の位置変化をモデルにより求め, 閉塞に至るまでの地形変動を再現した.

収録刊行物

  • 海岸工学論文集

    海岸工学論文集 (53), 631-635, 2006

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003992029
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0916-7897
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ