「斜め堰」の歴史的・河川工学的研究:磐城小川江筋取水堰をケーススタティとして A Historical and River Hydrological Study on “Slanting Weir”:Case study in “IwakiOgawsEsuji Weir”

Access this Article

Author(s)

Abstract

二級河川夏井川の中流部に位置する磐域小川江筋取水堰 (福島県いわき市) は1654 (慶安4) 年に築造され、河川の曲線部で平面的には斜形、縦断的に多段式、構造的に木工沈床という国内に現存する数少ない大規摸な「斜め堰」であり、歴史的にも最も古いものである。これをケーススタディーとして、史料や「斜め堰」の類似例 (第十堰吉野川 (1752) 年、山田堰筑後川 (1790) 年) から河川工学的に比較評価し、流れを見極め、流れに逆らわない河川構造物の設計視点を提言したい。

Journal

  • HISTORICAL STUDIES IN CIVIL ENGINEERING

    HISTORICAL STUDIES IN CIVIL ENGINEERING 17, 221-226, 1997

    Japan Society of Civil Engineers

Keywords

Codes

Page Top