中心市街地における歩行空間整備の便益計測 Benefit Estimation of the Pedestrian Space Improvement at an Urban Area

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究は、都心部の幹線道路において歩行空間を整備することによる効果を定量的に計測するものである。対象道路は京都市の河原町通とし、歩道の拡幅やそれに伴って実施することが考えられる自家用車の規制などの施策による効果を計測し鳥計測した効果は、施策を実施するための合意形成・意思決定の際に重要であると考えられるものとし、(1) 中心的繁華街であり、都市の顔ともなっている都心の道路における交通環境改善に対して市民一般が抱く価値、(2) 幹線道路として機能している対象道路の車線に制限を加えることによる交通面での効果 (負の効果)、(3) 道路の質的向上に伴う来街者の増加によって生じる商業面での効果の3点について分析した。

Today, many people hope improvements of pedestrian spaces. And, because of social condition, efficient investment is necessary public works. However, benefits of the pedestrian space improvements have not been estimated quantitatively and synthetically.<BR>In this paper, we estimated benefits of the pedestrian space improvements quantitatively and synthetically, dividing ‘the benefit of the pedestrian environment improvement’, including not only use value but also non-use value. Further we estimated ‘impact on traffic’, and ‘impact on commercial activity’, and estimated the benefit of improvements of the pedestrian space svnthetically.

Journal

  • INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW

    INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW (20), 191-197, 2003

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top