交通情報を活用した確率論的配車配送計画に関する研究 Probabilistic Vehicle Routing and Scheduling based on Traffic Information

Access this Article

Author(s)

Abstract

本論文では, 所要時間の不確実性を考慮した確率論的配車配送計画モデルを適用し都市内における物流活動を効率化するため, 現在VICSにより得られている都市内道路の旅行時間分布について検討し, 混雑した都市内交通を再現するため仮想ネットワークによる数値シミュレーションを実施した.これにより得られた交通情報を確率論的配車配送計画に適用する際の旅行時間情報の更新間隔に着目し, 確定論的配車配送計画との比較を実施した.その結果旅行時間情報の更新間隔が長い場合であっても確率論的配車配送計画を実施することによって総コストの上昇を抑制し, 遅刻によるサービスレベルの低下を防ぐことが可能であることがわかった.

In order to apply the probabilistic vehicle routing and scheduling model to urban traffic, this paper analyzed the real traffic information given by VICS. We performed numerical simulation on test road network to represent a congested urban traffic. We compared total costs of the probabilistic vehicle and scheduling model with the forecasted vehicle routing and scheduling model for several duration times of travel time information. Even with long duration time of travel time information, the probabilistic routing and scheduling model can decrease the total costs as well as keep high service level by avoiding delay arrival at customers.

Journal

  • INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW

    INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW (21), 687-696, 2004

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top