Eコマースの視点から見た将来都市内道路交通並びに貨物車交通施策に関する分析 Analyses on future urban transport and freight transport measures from a viewpoint of E-commerce

Access this Article

Author(s)

Abstract

将来Eコマースが発達・普及した場合に貨物車交通並びに都市内道路交通へ与える影響について定性的な考察を行ったところ, Eコマース企業やEコマース利用者に関する様々な条件の組み合わせによって影響が決定されるものと考察された.さらに, Eコマース普及時を想定して, 貨物車交通に対する各種施策による都市内道路交通・環境改善効果の評価を行ったところ, 宅配企業による共同配送等の対策が非常に効果的であり, また大型車流入規制やロードプライシングといった行政サイドからの施策は環境改善効果があるが大型車を使用する貨物輸送事業者に負担を強いることとなり, 共同配送によりこれらの負担を抑制できることが確認された.

We examined effects of E-commerce on urban road traffic and environment in the future. We can point out that effects depend on various conditions of & commerce companies and E-commerce users. We evaluated various measures on freight transport using traffic simulation in the condition that E-commerce becomes popular. Results indicated that co-operative delivery systems are effective for decreasing total costs. The large truck ban can improve the environment, but it increases costs of companies, and co-operative freight transport system can alleviate them.

Journal

  • INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW

    INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW (21), 697-707, 2004

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top