アンケート調査回収率に関する実験研究:MM参加率の効果的向上方策についての基礎的検討 An experimental study about survey response rate:Basic study of efficient strategies to raise the participation rate of Mobility Management

この論文にアクセスする

著者

抄録

人々の自発的な交通行動変容を促すコミュニケーション施策である「モビリティ・マネジメント」を実務的かつ広範に展開していくためには、なるべく多数の人々と、なるべく安価に接触できるようなコミュニケーション技術を検討する必要がある。この認識の下、本研究はアンケート調査の「回収率」に着目し、回収率の向上に影響を及ぼす要因について分析を行った。その結果、配布方法や報酬の提供方法によって、回収率が大きく異なることが示された。また、これらの方策に要するコストを算出することで、より効率的・効果的なアンケート回収率向上方策について検討した。

In order to implement the Mobility Management, which is the transportation measures that urge people to change their travel behavior voluntary, we should develop the communication measures which are used to contact many people, less cost to implement. In this Paper, we conducted two experiments to investigate the factors which affecthe response rate ofthe survey. It is indicated that several strategies such as the rewards which is given before the survey, and the distribution measures that investigator directly give the questionnaire to the subjects, were efficient to raise the survey response rate.

収録刊行物

  • 土木計画学研究・論文集

    土木計画学研究・論文集 (23), 117-123, 2006

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004039440
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0913-4034
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ