広域災害に対応した救急医療搬送システム評価のためのシミュレーションモデルの開発:東海地震を想定した静岡市の人的被害予測を用いた検証 Development of Simulation Model for Wide Area Disaster to Evaluate Disaster Medical Conveyance System:Case Study of Shizuoka City Using the Estimation of Human Casualties for Tokai Earthquake

Access this Article

Author(s)

Abstract

本稿では、施設立地や交通ネットワークを考慮した広域災害時のシミュレーションモデルを構築し、静岡市を対象としたケーススタディを行い、救急搬送や医療機関での情報やトリアージの有無で表現される指揮命令系統による効果を分析し、救急医療搬送システムを検証した。本シミュレーションモデルは、医療機関や道路等の施設の空間的な整備状況を入力情報として、医療搬送や救急医療搬送システムを評価することが可能となっている。シミュレーション結果から、救急医療搬送や医療機関での処置時間短縮における情報共有の重要性や、トリアージによる時間ロスを短縮するための情報共有の重要性等が明らかになった。

In this Paper, a simulation model to evaluate disaster medical conveyance system for wide area disaster was developed and simulated on Shizuoka City using data of estimation of Tokai Earthquake. This simulation model using spatial data of spatial, fire station, roads and so on is able to evaluate the efficiency of medical conveyance system. The effectiveness of information sharing between ambulance and hospitals, and triage on the site to shorten conveyance time and treatment time was analyzed. As a result, the importance of information sharing combining with the usage of triage was found to improve the efficiency of disaster medical conveyance system.

Journal

  • INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW

    INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW 25, 129-140, 2008

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top