乾燥性皮膚疾患患者に対するコラージュデルムの有用性および保湿性の検討 Study of Efficacy and Moisturizing Effect of Collage Derme to Dry Skin Conditions.

この論文にアクセスする

著者

抄録

コラージュデルムは水溶性コラーゲン, スクワラン, ゲリチルレチン酸ステアリル, γ-オリザノールを主な構成成分とする全身用保湿クリームである。<BR>乾燥性皮膚疾患患者20名を対象として, 使用試験によりコラージュデルムの有効性・安全性を検討した。その結果, 90.0%の症例に改善がみられ, 対照とした尿素軟膏とほぼ同等の成績を示した。<BR>角層水分含有量測定試験では, コラージュデルムは, 尿素軟膏に比べて, 30分後および2時間後とも有意に高い水分含有量が認められた。<BR>コラージュデルムは乾燥を主訴とした軽度から中等度の乾燥性皮膚疾患に有用であると考えられる。

Collage Derme is a moisture body cream containing soluble collagen, squalane, stearyl glycyrrhetinate, and γ-oryzanol as main ingredients.<BR>The efficacy and safetiness of this cream were studied on 20 patients with dry skin conditions. After 4 weeks topical application, clinical improvement was observed on 18 persons. The efficacy of this cream was similar with that of urea cream as a contorol.<BR>As for the water content of the stratum corneum 30 minutes and 2 hours after application, Collage Derme showed better result compared with urea cream.<BR>The result suggests that Collage Derme is effective todry skin.

収録刊行物

  • 皮膚

    皮膚 34(4), 503-508, 1992

    日本皮膚科学会大阪地方会

各種コード

ページトップへ