スポーツとことば:「古舘伊知郎」とスポーツ実況 Sports and Language:Accounting for FURUTACHI Ichiro in Play-by-play Broadcasting

この論文にアクセスする

著者

抄録

本稿は、平成15、16年度の2年間にわたり、本学会において設置された「スポーツとことば」に関するプロジェクト研究報告である。最初にテレビのスポーツ実況中継の特長について整理をした。そして、札幌オリンピックと長野オリンピックの純ジャンプ競技の中継を文字おこししたものを基に両者に違いがあるかどうかを調べた。札幌は文の形 (主語+述語) がしっかりしているのに対して長野は述語の反復の表現が目立つなどの違いが見られた。このことを踏まえて考えると1972年から1998年の間に実況中継に変化があったと考えられる。次に、この変化を説明するために、プロレスと「古舘伊知郎」という問題に着目してみた。プロレスはスポーツにとって周縁的な存在である。近代スポーツが真剣勝負を追求することによって抜け落ちた要素を体現したからだ。古舘伊知郎は1980年代初頭にプロレスの虚実皮膜性を過剰な言葉で表現し、それ自身虚実皮膜的な「古舘節」を創った。プロレス実況を辞めた後の彼は主として芸能畑をフィールドとしたが、舞台でのトークショーの試みの中で新境地を開き、今ニュースキャスターとして、「古舘節」を抑える日々を送っている。そして最後に、我々は1980年代における新日本プロレスブームと古舘節の、ポストモダン的文脈について考察した。周知のようにプロレスは80年代に再びテレビ文化の主役に踊り出たが、それはかつての力道山時代ような大衆文化としてではなく、若者を中心としたサブカルチャーとしてであった。そして、1980年代における状況は、その後のポストモダン状況に比べればほんの入り口に過ぎず、東浩紀も指摘するように、日本の若者文化は1996年以降、ポストモダンの新たなる段階へと突入する。そうした中80年代型スノッブ文化の申し子とも言うべきプロレスは埋没し、古舘節だけがプロレスという本来の文脈を離れ、スポーツ観戦のサブカルチャーにおける、ある種の「萌え要素」として機能することとなったのである。

This paper gives a report on a research project on "Sports and Language", which was conducted by this academic society for a two-year period from 2003 to 2004.We first discuss the characteristics of live sports commentary. We then analyze the differences between the live television commentary of the ski jumping events at the Sapporo and Nagano Olympic Games. While the commentary for the Sapporo Games tended to be in full sentences (subject+predicate), at Nagano we found a conspicuous repetition of the predicate. From this and other differences, we postulate that there was a change in the practice of live commentary between 1972 and 1998.In order to explain this change, we next address the question of professional wrestling and the former announcer Furutachi Ichiro. Professional wrestling is on the margins of the world of sport. It embodies elements which were rejected by modern sports when they chose to pursue legitimate competition. In the early 1980s, Furutachi developed a unique, overboard style of commentary to express the ambiguous world of professional wrestling. After retiring from professional wrestling broadcasting he was active in the entertainment industry, and broke new ground with his on-stage "talk show" monologues, before becoming a newscaster, where he now keeps a tight rein on his former extravagant style of speech.Finally, we discuss the post-modern context of the popularity of the New Japan Pro-wrestling company and Furutachi's commentary in the 1980s. As is well known, in the 1980s wrestling broadcasts once again found an important niche in Japanese TV culture. Although pro wrestling no longer had the mass-culture appeal of the Rikidozan era, it became a subculture of mainly young men and boys.In the 1980s, Japanese youth culture, or "info-consumer" culture, had yet to enter full-fledged post-modernity. And as Azuma Hiroki points out, Japanese youth culture entered a new stage of post-modernity from 1996. In recent years, the original equation of Furutachi with pro wrestling has faded along with the so-called "snob culture" of the 80s, and for the sub-culture of today's fans it just functions as another source of excitement.

収録刊行物

  • スポーツ社会学研究

    スポーツ社会学研究 14, 25-45,119, 2006

    日本スポーツ社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004049433
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0919-2751
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ