ティーンエイジャーを対象としたコンドームキャンペーン A condom campaign for the prevention of sexually transmitted diseases in Japanese teenagers

この論文にアクセスする

著者

    • 岩室 紳也 Iwamuro Shinya
    • 地域医療振興会ヘルスプロモーション研究センター Japan Association for Development of Community Medicine Health Promotion Research Center

抄録

ティーンエイジャーは中学卒業時に1割, 高校卒業時には4割の生徒が性体験を持つ一方で, セックスの時にコンドームを積極的に使用する人が約半数であり, コンドーム使用は生活習慣になっていないため, 性感染症や望まない妊娠のリスクが高い。しかし, コンドームキャンペーンへの反対運動や県の条例で少年 (18歳未満) に対するコンドームの販売を規制しているところもある。テレビ放送におけるコンドーム広告に関する自主規制が存在し, コンドームキャンペーンの手段として最も効果的だと思われるマスコミ関係の協力が得られない。その一方で, 中学校の教科書では「コンドームは, 直接の接触をさけることができるので, 性感染症の予防として有効な手段です」と, 高校の教科書ではコンドームの写真と一緒に「使用方法と留意点: 男性の陰茎が勃起状態になってから, 性交前に装着する。装着時には, 精液だめの空気を抜く。陰茎の勃起前に装着したり, 射精後すみやかに処理しなかったりすると, はずれて精液が膣内にもれることがある。袋の切り口や爪によってコンドームが傷つくと, 使用中に破れることがあるので注意する。比較的簡単に購入できる。価格も安価である」と紹介されている。コンドームキャンペーンではコンドームを印象付けるために感動と共感が得られることが重要であり, 男性用コンドームの購入・保存・携帯法, 正確な男性用コンドーム装着法を詳細に伝え, 「めんどう」, 「使い心地が悪い」, とコンドームを使わないパートナーはあなたの気持ちに無関心であることを, マザーテレサの言葉, 「愛の反対は無関心」を引用し紹介する。

Ten percent of junior-high school pupils and 40% of high school pupils have initial sexual intercourse in Japan. However, only half of them use condom, therefore, the prevalence of sexually transmitted diseases (STDs) and the risk of unexpected pregnancy are high in Japanese teenagers. Disappointingly, the movement against condom campaign for teenagers or the law of sales limitation of condom for teenagers are present. The most effective tool of condom campaign is the TV commercial of condom. However, TV commercials of condom are self-regulated in Japan, and these circumstances do not contribute condom campaign. On the other hand, the usefulness of condom use for the prevention of STDs is described in the textbook of junior-high school. In addition, the details of appropriate condom use are described with some photographs in the textbook of high school. It is very important to give teenagers impression and sympathy to condom. One's sexual partners, who do not use condom because it is bothersome or uncomfortable, are unsympathetic to one with the explanation quoting the Mother Teresa's word “The opposite of love is indifference”.

収録刊行物

  • 日本化学療法学会雑誌

    日本化学療法学会雑誌 55(2), 154-159, 2007

    公益社団法人 日本化学療法学会

各種コード

ページトップへ