Sodium Cephalothin 骨盤死腔内投与後の血中移行に関する臨床的検討  [in Japanese] Clinical evaluation of diffusion of sodium cephalothin into blood stream following administration into pelvic dead space  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

近年における抗生物質の開発進歩には目覚しいものがあり, 各種感染症に対してあるいは汚染手術の術後感染予防に対して著明な効果を期待できるまでに至つている。しかし, その投与方法に関しては, 未だに慣用的な要素が多く, 今後の研究の余地が残されている。抗生物質の本来の効果を期待するには, 薬剤の濃度と起炎菌の感受性との関係を解明した上での正しい投与法をおこなう必要がある。<BR>産婦人科領域における術後感染症として最も重要なのは, 子宮頸癌-広汎子宮全摘除術における骨盤死腔炎である。私どもは, この種の手術にさいして, 子宮全摘除後の骨盤死腔内に, Sodium cophalothin (商品名, ケプリン, 以下CETと略す) の粉末29を散布し, 術後骨盤死腔炎の予防効果を挙げている。今回, CET2g骨盤死腔内投与後の血中濃度を測定し, 術後の抗生物質の投与方法について検討する機会を得たのでその成績を報告する。

Journal

  • The Japanese Journal of Antibiotics

    The Japanese Journal of Antibiotics 28(5), 684-686, 1975

    Japan Antibiotics Research Association

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004130148
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00002626
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0368-2781
  • NDL Article ID
    1622123
  • NDL Source Classification
    SC431;SC561
  • NDL Source Classification
    ZS51(科学技術--薬学) // ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL Call No.
    Z19-110
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top