呼吸器感染症・尿路感染症に対するCeftezole (Falomesin) の臨床効果に関する研究  [in Japanese] Studies on the clinical effect of ceftezole (Falomesin ‘Chugai’) in respiratory- and urinary-tract infections  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

Ceftezole (CTZ: Falomesin, ファロメシン) は, Cefazolin (CEZ) の類縁化合物で, CEZの5-Mothylthiazolyl thiomethyl基のうち, 5-Methylを欠く物質で, 本邦で開発されたCephalosporin系抗生物質である1) 。従来からCephalosporin系抗生物質は, グラム陽性球菌感染症ばかりでなく, グラム陰性桿菌感染症にも広く使用され, 特に尿路感染症, 呼吸器感染症に対しても, しばしば第1次選択剤として使用されることが多い。<BR>今回, 東北大学第1内科および関連病院を中心に本剤の臨床効果を検討する機会を得たので, その結果を報告する。

Journal

  • The Japanese Journal of Antibiotics

    The Japanese Journal of Antibiotics 31(11), 625-632, 1978

    Japan Antibiotics Research Association

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004130199
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00002626
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0368-2781
  • NDL Article ID
    1969449
  • NDL Source Classification
    SD0;SC191;SC321;SC611
  • NDL Source Classification
    ZS51(科学技術--薬学) // ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL Call No.
    Z19-110
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top