臨床 心室中隔欠損症における欠損閉鎖後の肺循環動態に関する研究:主として運動負荷時の変動について  [in Japanese] Late effects of surgical closure of ventricular septal defects on pulmonary circulation:-Response to exercise-  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

左右短絡を伴う先天性心疾患の肺循環動態の研究は短絡閉鎖前後の安静時における変動からなされてきた.しかし本疾患の根治性を考える時,術後の肺循環動態は安静時のみならず運動負荷時についても検討されるべきであろう.著者らは術前肺高血圧,高肺血管抵抗を示した本疾患の12例につき術後遠隔期に運動負荷をかけこの時の肺循環動態を検討した.術前,肺体血管抵抗比(Rp/Rs)がO.15以上0.50未満の5例では術後安静時のRp/Rsは0.15以下で運動負荷にても肺血管抵抗値(PVR)は上昇せず,正常反応を示した.術前,0.50≦Rp/Rs<O.85の7例については手術時年齢10歳未満3例では術後安静時のRp/Rsは低下したが運動負荷時2例が上昇した.手術時年齢10歳以上4例では安静時Rp/RSは低下するが高値を示し,運動負荷にて3例PVRが上昇した.この事から術後安静時の肺循環動態が正常化することを指標として手術の時期を決定することは妥当とは考えがたい.

Journal

  • Shinzo

    Shinzo 10(10), 1057-1061, 1978

    Japan Heart Foundation

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004135194
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00002091
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0586-4488
  • NDL Article ID
    6948079
  • NDL Source Classification
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL Call No.
    Z19-1087
  • Data Source
    CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top