頭頚部腫ように対する強度変調放射線治療の初期経験(特に治療計画と照射精度管理について):特に治療計画と照射精度管理について  [in Japanese] INTENSITY-MODULATED RADIATION THERAPY FOR NASOPHARYNGEAL CANCER  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 永田 靖 NAGATA Yasushi
    • 京都大学大学院医学研究科放射線医学講座腫瘍放射線科学領域 Dept. of Therapeutic Radiology and Oncology
    • 青木 徹哉 AOKI Tetsuya
    • 京都大学大学院医学研究科放射線医学講座腫瘍放射線科学領域 Dept. of Therapeutic Radiology and Oncology
    • 溝脇 尚志 MIZOWAKI Takashi
    • 京都大学大学院医学研究科放射線医学講座腫瘍放射線科学領域 Dept. of Therapeutic Radiology and Oncology
    • 高山 賢二 TAKAYAMA Kenji
    • 京都大学大学院医学研究科放射線医学講座腫瘍放射線科学領域 Dept. of Therapeutic Radiology and Oncology
    • 矢野 慎輔 YANO Sinsuke
    • 京都大学大学院医学研究科放射線医学講座腫瘍放射線科学領域 Dept. of Therapeutic Radiology and Oncology
    • 平岡 真寛 HIRAOKA Masahiro
    • 京都大学大学院医学研究科放射線医学講座腫瘍放射線科学領域 Dept. of Therapeutic Radiology and Oncology
    • 安里 亮 ASATO Ryo
    • 京都大学大学院医学研究科感覚運動系病態学講座耳鼻咽喉科・頭頸部外科学領域 Dept. of Head & Neck Surgery, Kyoto University, Graduate School of Medicine
    • 田中 信三 TANAKA Shinzo
    • 京都大学大学院医学研究科感覚運動系病態学講座耳鼻咽喉科・頭頸部外科学領域 Dept. of Head & Neck Surgery, Kyoto University, Graduate School of Medicine

Abstract

目的: 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療 (IMRT) の初期経験を通じて, 特にその治療計画結果と精度管理について検討した。<br>対象と方法: 平成13年9月よりIMRTの頭頸部腫瘍への臨床応用を開始した。治療計画装置はCADPLAN-Heliosを用い, 照射方法は Dynamic MLC法を用いた。治療計画結果の精度管理には, 複数のファントムに対して実際の照射条件で照射を行い, その照射線量をフィルム法と線量計を用いて実測して計画線量と比較した。<br>結果: 上咽頭癌3例の治療計画と精度管理を評価した。立案した治療計画は全例7門照射であったが, 照射角度は症例別に決定した。照射線量は66-76Gyで初期2症例は通常外照射と併用した。治療計画には各症例で各々10時間以上を要したが, 腫瘍内線量の均一性の確保と脊髄等のリスク臓器の線量低下が可能であった。また, 実際の治療計画のファントムを用いた実験測定結果においても, 照射線量は計画線量と比較しておおむね5%以内の精度が保たれた。<br>結論: 頭頸部腫瘍に対するIMRTにおいては, 臨床上で有意義な線量分布が作成可能であり, 精度管理も許容可能範囲であった。

Recent progress in three-dimensional conformal radiotherapy enabled us to perform intensity-modulated radiation therapy for nasopharyngeal cancer. With the aid of this technique, we performed 66-76 Gy of radiation on 3 patients with nasopharyngeal cancer. The IMRT treatment planning enabled a homogeneous dose to be administered to the target while sparing the parotid gland and spinal cord. Quality assurance using phantoms demonstrated that the difference between actual irradiated dose and planned dose was within 5%. Intensive training in both treatment planning and quality assurance are mandatory to introduce this technique in routine clinical practice.

Journal

  • Japanese jornal of Head and Neck Cancer

    Japanese jornal of Head and Neck Cancer 29(1), 151-158, 2003

    Japan Society for Head and Neck Cancer

Codes

Page Top