光電子ホログラフィーの新しい解析法 New Analysis for Photoelectron Holography

この論文にアクセスする

抄録

光電子回折パターンは光電子ホログラムとして解釈可能であり, 原子配置の3次元構造の情報を記録している.筆者は単一の運動エネルギーで測定された光電子ホログラムから立体的な原子配置を再構成する新しい方法を考案し, 実験値から数十pm(10<SUP>-12</SUP>m)の精度で原子配置を得ることに成功した.本稿では筆者の開発した原子配置を求める再構成計算法を紹介するとともに, 本手法の将来展望について述べる.

Photoelectron diffraction pattern can be interpreted as photoelectron hologram, which records three-dimensional atomic arrangement in a material. We propose a new algorithm to achieve a very precise investigation of the three-dimensional atomic nucleus position from the photoelectron hologram, and succeeded in locating the atoms with an accuracy of several ten pico meters with the use of an experimental single-energy hologram. Here, we will introduce this new algorithm and its future view.

収録刊行物

  • 日本物理学会誌

    日本物理学会誌 60(3), 195-202, 2005

    一般社団法人 日本物理学会

各種コード

ページトップへ