保湿・肌荒れ防止用化粧品の有用性と製品開発 Usefulness of Skin Hydration for Skin Care and Development of Cosmetics.

この論文にアクセスする

著者

    • 河野 善行 Kohno Yoshiyuki
    • 株式会社資生堂マテリアルサイエンス研究センター Material Science Research Center, Shiseido Research Center

抄録

保湿は肌荒れに対して大変有効な手段であり, また化粧品の最も基本的かつ重要な機能と考えられる。そして多くの種類のエモリエント剤や保湿剤が皮膚の水分保持や乾燥を防御することを目的として用いられてきた。角質層においては, 自然保湿成分 (NMF), 皮脂および細胞間脂質の重要性が証明されてきた。皮膚科学的なアプローチの観点からわれわれは皮膚保湿のメカニズムのアナロジーを皮膚上で再構築してきた。具体的には肌荒れに対して, 水, 保湿剤および脂質を等価に皮膚に補う"モイスチャーバランス"の有用性を証明してきた。これらとは別に化粧品の開発に薬理学的なアプローチの観点も重要であり, 新規な化粧品有効成分の開発に大変役に立つ方法論である。近年われわれは, 肌荒れにおいて表皮プロテアーゼが重要な役割を果たすこと, またその活性を阻害することが修復を促すことを明らかにしてきた。そして表皮プロテアーゼであるプラスミンの阻害活性を有し, 肌荒れに効果を有する<i>t</i>-AMCHAを開発した。本総説では, 皮膚の保湿のメカニズムと, 皮膚科学的にまた薬理学的に開発されたスキンケア化粧品についてレビューする。

Maintaining suitable skin hydration is very effective for preventing dry skin. This is the most basic and important function of cosmetics. Various types of emollients and humectants are used in skincare products to prevent water loss from the skin and retain water. In the stratum corneum, the importance of natural moisturizing factor (NMF), sebum and intercellular lipids has been demonstrated. From a dermatological approach, we have already reconstructed an analogy of the skin hydration mechanism. For dry skin, we have demonstrated the usefulness of “moisture balance;” that is, to supply equivalent substances of water, humectants and oils in cosmetics. It is also important to develop cosmetics from a pharmacological approach. This is very helpful in the development of new, more effective components for cosmetics. Recently we have clarified the important role of epidermal protease activity in dry skin. Inhibition of its activity accelerates intercellular repair response. We have developed <i>trans</i>-4-aminomethyl cyclohexane carboxylic acid (<i>t</i>-AMCHA), which has an anti-plasmin (a epidermal protease) activity and can cure dry skin. This article reviews the skin hydration mechanism and development of skin care cosmetics utilizing dermatological and pharmacological approaches.

収録刊行物

  • 日本化粧品技術者会誌

    日本化粧品技術者会誌 36(4), 253-261, 2002

    日本化粧品技術者会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004188849
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-5253
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ