乾燥によるフィラグリンとアミノ酸の減少を防ぐPalo Azul Palo Azul Prevents Dryness-Induced Decrease in Filaggrin and Amino Acids

この論文にアクセスする

著者

抄録

角層では, 乾燥した外部環境に対処するために, 遊離アミノ酸を主成分とする天然保湿因子 (NMF) が水分を保持している。ドライスキンでは角層水分量とともに角層アミノ酸量が低下することが報告されているが, その機構については不明な点が多い。角層アミノ酸はタンパク質「フィラグリン」が分解して生ずるが, われわれは培養ヒトケラチノサイトを気相に曝すことにより, プロフィラグリンmRNA量, タンパク量が減少することを見出した。この系で薬剤をスクリーニングしたところ, メキシコ産植物Palo Azulの抽出液がプロフィラグリンmRNA量減少を効果的に抑制した。また, この抽出液を配合した化粧水は, SDSで誘導したヒトの実験的ドライスキンに対して角層水分量, 角層アミノ酸量低下を抑制する効果も有していた。これらの結果は, 気相に曝された培養ヒトケラチノサイトがヒトのドライスキンに類似したモデル, ならびに薬剤のスクリーニング系になり得ることを示唆している。そして, 乾燥そのものがフィラグリン量の低下を引き起こすという, 乾燥による角層アミノ酸低下の一因を示唆している。

Natural moisturizing factor (NMF), which is mainly composed of free amino acids and their derivatives, aids the retention of water in the stratum corneum (SC), preventing skin dryness caused by various environmental stimuli. Low levels of amino acids have been reported to be associated with a low hydration state in the SC of dry skin, but the mechanism underlying the decrease in amino acids is not well understood. The protein filaggrin is the major source of amino acids in the SC. We exposed cultured human keratinocytes to air by removing their medium and recognized a decrease in mRNA and protein expression of profilaggrin, a precursor of filaggrin. We employed the result to search for active ingredients to prevent the decrease and discovered that the extract of a Mexican plant, Palo Azul, effectively prevented the decrease in profilaggrin mRNA. We also confirmed that lotion containing the extract increased the hydration state and amino acid content in the SC of human SDS-induced dry skin. These findings suggest that air exposure of cultured human keratinocytes might be a useful model of human dry skin, and could be used for screening active ingredients to treat dry skin. In addition, it appears that dryness itself might lower profilaggrin mRNA expression, resulting in a decrease in amino acid content in the SC.

収録刊行物

  • 粧技誌

    粧技誌 37(2), 84-91, 2003

    日本化粧品技術者会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004188857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-5253
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ