高い保水効果と高い閉塞効果を同時に有するエマルションの開発について Resolving the Conflict of a Simultaneously Highly Moisturizing and Occlusive Emulsion Film

この論文にアクセスする

著者

    • 酒井 裕二 Sakai Yuji
    • ポーラ化成工業株式会社スキンケア開発チーム Skin Care Products R & D Department, POLA Chemical Industries, Inc.
    • 鈴木 将史 Suzuki Masashi
    • ポーラ化成工業株式会社スキンケア開発チーム Skin Care Products R & D Department, POLA Chemical Industries, Inc.
    • 小原 康弘 Ohara Yasuhiro
    • ポーラ化成工業株式会社スキンケア開発チーム Skin Care Products R & D Department, POLA Chemical Industries, Inc.

抄録

エマルション化粧品は, 肌に水分を与える保湿効果と, 肌の水分を逃がさない閉塞効果の二つの基本的機能を有する。これらの効果は, エマルションの親水領域と親油領域の比に影響される。そのため, 両効果は拮抗した関係となり, 同時に高めることは困難であった。そこでわれわれは, ポリグリセリン系界面活性剤, セチルアルコール, ポリグリセロール (13) ポリオキシブチレン (14) ステアリルエーテルおよびD相乳化法を用いることにより, エマルション膜の親油領域に水を多く分散させ, その親水領域を強固にすることで, ポリオキシエチレン系界面活性剤を用いたものより保水効果と閉塞効果が優れたエマルションを開発した。またポリオキシエチレン系界面活性剤を用いたエマルションは, 塗布されるとエマルション粒子が消失するのに対して, 本エマルション膜は, 粒子の残存がレーザー顕微鏡により確認された。さらに1ヵ月間の連用により, 角層細胞のはがれやすさ, 角層細胞の並び方も改善されることが明らかとなった。

Two basic functions of emulsion-based cosmetic products are moisturization and occlusion, which are markedly affected by the ratio of hydrophilic to lipophilic parts in the emulsions. However, due to their conflicting requirements, it is difficult to simultaneously improve both functions. Therefore, we developed new emulsion that has simultaneously higher moisturizing and occlusive functions than those of polyoxyethelene-type emulsions, by using polyglycerin-type surfactants, cetyl alcohol, polyglycerin-13-polyoxybutylene-14-stearyl ether and the D-phase emulsification method, because of dispersing a large quantity of water into the lipophilic part of the applied emulsion film and of strengthening the hydrophilic part of the emulsion film. We confirmed through microscopic study with a laser microscope that in polyoxyethelene-type emulsions, droplets disappear quickly after the film is formed and dried, whereas in our experimental emulsions, the droplets' shape is evenly retained. Furthermore, after one month of continuous use, stratum corneum removal and corneocyte arrangement also improved significantly.

収録刊行物

  • 日本化粧品技術者会誌

    日本化粧品技術者会誌 40(2), 95-103, 2006

    日本化粧品技術者会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004188914
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-5253
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ