マツノザイセンチュウのアセチルコリンエステラーゼの特性と防除剤によるその活性阻害 Activity of acetylcholinesterase of <I>Bursaphelenchus xylophilus</I> and its inhibition by several control agents

この論文にアクセスする

著者

抄録

1.<SUP>3</SUP>HラベルしたAChを用いる、JOHNSON & RUSSELLの方法はマツノザイセンチュウのAChE活性を高感度(測定可能な最低素酵素蛋白量で1.0μg)で測定できた。<BR>2.線虫体の磨砕物を素酵素液として、AChEの活性を検討したところ、至適pHは約7.0、至適温度は約35℃ であった。素酵素液を遠心分画した後に酵素活性を比較した結果、最大比活性は105,000×gで60分遠心後の沈澱部に認められた。25℃ における最大反応速度は8.7nmole・ACh/min/mg・蛋白、ミカエリス定数は6.25μMであった。<BR>3.AChEの素酵素液に対する各種薬剤の阻害作用を調べた。ダィスルフォトンを除く3種の有機りん剤の阻害活性はチオノ型よりオクソン型の方が100~300倍高かった。即ち、チオノ型のI<SUB>50</SUB>値は、フェンスルフォチオンで8.4×10<SUP>-5</SUP>M、チオナジンで3.4×10<SUP>-4</SUP>M、メスルフェンフォスで2.4×10<SUP>-4</SUP>M、ダイスルフォトンで2.8×10<SUP>-4</SUP>Mであったのに対して、オクソン型では、フェンスルフォチオンで4.8×10<SUP>-7</SUP>M、チオナジンで1.1×10<SUP>-6</SUP>M、メスルフェンフォスで2.0×10<SUP>-6</SUP>M、ダイスルフォトンで1.8×10<SUP>-4</SUP>Mであった。<BR>4.有機りん剤以外でもAChE阻害活性が認められ、I<SUB>50</SUB>はメソミルで6.0×10<SUP>-7</SUP>M、酒石酸モランテルで2.4×10<SUP>-6</SUP>M、塩酸レバミゾールで2.3×10<SUP>-5</SUP>Mであった。

Activity of acetylcholinesterase (AChE) of the pine wood nematode, <I>Bursaphelenchus xylophilus</I> was examined by applying the radiometric method of JOHNSON and RUSSEL (1975). The optimum pH and temperature of the enzyme were about 7.0 and 35°C, respectively. The values of the two kinetic parameters evaluated for this enzyme were 6.25μ M for the Michaelis constant (K), and 8.7 nmole/min/mg protein for the maximum velocity (Vmax) at pH 7.0 and 25°C. The fraction which showed the highest specific activity was the pellet obtained after centrifugation at 105, 000×g for 60 min, followed by the pellet obtained after centrifugation at 20, 000×g for 30 min. The activity of this enzyme was inhibited 100 or 300 times more strongly by the oxon type of organophosphorus control agents such as fensulfothion, mesulfenphos and thionazin than the thiono type. Anthelmintic agents such as morantel tartrate and levamisole hydrochloride and carbamoyl nematicide/insecticide such as methomyl also showed a potent anti-AChE activity.

収録刊行物

  • 日本線虫研究会誌

    日本線虫研究会誌 17(0), 17-22, 1987

    日本線虫学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004298648
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0388-2357
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ