北海道に発生したジャガイモシストセンチュウ (<I>Heterodera rostochiensis</I>) On the Occurrence of the Potato Cyst Nematode, <I>Heterodera rostochiensis</I> Wollenweber in Hokkaido, Japan

この論文にアクセスする

著者

抄録

北海道, 後志支庁管内, 真狩村字豊川の一農家ほ場より1972年7月14日に採集されたジャガイモの生育不良株 (品種: べにまる) の根に線虫のシストが多数認められ, 形態の測定値と特徴から, 本種をわが国未記録のジャガイモシストセンチュウ (<I>Heterodera rostochiensis</I> Wollenweber) と同定した。本種の寄生によりジャガイモ地上部の生育不良がほ場の一部でとくに目立ち, 土壌中の線虫密度も他のか所よりも高い。線虫の第2期幼虫, 雌および雄成虫, シストの形態的特徴はこれまでの同種についての報告とほぼ一致した。

The potato cyst nematode, <I>Heterodera rostochiensis</I> Wollenweber, has been identified for the first time in Japan from potato fields at Makkari, Hokkaido during July 1972. Population levels of the nematode in these fields appeared comparatively high. The nematode-infesting potato plants showed poor growth of the above-ground parts. General morphology of the larvae, adults, and cysts of this nematode is identical with one reported previously by other research workers.

収録刊行物

  • 日本線虫研究会誌

    日本線虫研究会誌 2(0), 12-15, 1972

    日本線虫学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004298682
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0388-2357
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ