清酒飲酒後の熟し香 III  各種酒類飲酒後における尿中揮発成分の比較:各種酒類飲酒後における尿中揮発成分の比較 Studies on an unpleasant smell (jikushi-ka) breathed out after sake drinking (Part III)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1.飲酒に供した酒類により, 尿の臭いが特徴づけられることはしばしぽ飲酒者の体験により知られるところである。本報告では熟し香構成成分解明の手掛かりを得ようと, 清酒とそれ以外の酒類 (ぶどう酒, ピール, ウイスキー, 甲類焼ちゅう) を飲酒した場合の尿中揮発成分について比較した。<BR>2.飲酒することにより排尿中の成分は, 飲酒前に比べて複雑に増加することを知った。<BR>3.ガスクロマトグラフィー分析で, 清酒飲酒後の尿中に14成分の存在を推定したが, 他の酒類の場合でもほぼこれに近い尿成分であった。<BR>4.薄層クロマトグラフィー分析により塩基性区分を検討したところ, 飲酒に供した酒類の別により検出成分に差がみられた。特に清酒飲酒の場合特異的であり, これら尿中塩基化合物は, 清酒飲酒の際の尿の不快臭に重要な要因となっているものと推察した。

In the previous paper, we reported that the breath components were quite different depending on the Kind of alcoholic beverage taken, sake or the other alcoholic beverage, and a few peaks of unique compounds were detected by in the breath of sake drunk the gas chromatogram.<BR>In this paper, we compared the urines excreted from man who had drunk sake or the other alcoholic beverage. We obtained the following results.<BR>1. The urine components were extensively altered by being taken various Kinds ofalcoholic beverage.<BR>2. Fourteen peaks were detected by gas chromatographic analysis on sake drinker's urine, howerer no difference was found between the urine components excreted after drinking of various alcoholic beverage.<BR>3. By a thin layer chromatogram we found many basic compounds that were unique in the urine of a sake drunk.<BR>We suppose, therefore, these compounds in the basic fraction would be responsible for the unpleasant smell of the urine excreted after taken sake.

収録刊行物

  • 日本釀造協會雜誌

    日本釀造協會雜誌 70(3), 192-196, 1975

    公益財団法人 日本醸造協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004324076
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192226
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0369-416X
  • NDL 記事登録ID
    1594289
  • NDL 刊行物分類
    SC226;SC251
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ