紅茶エキスのうがいによるインフルエンザ予防効果 Prophylactic Effect of Black Tea Extract as Gargle against Influenza

この論文にアクセスする

著者

抄録

紅茶エキスによるうがいが, インフルエンザを予防できるかどうかを検討した.実験は, 平成4年10月18日から平成5年3月17日までの5カ月間行なった.まず同一職域集団297人を2群に分け, 実験群151人は, 原則として8時と17時の2回, 1回約100ml程度の紅茶エキス (0.5W/V%) でうがいをした.対照群146人は, 特に何も行なわなかった.実験期間中にインフルエンザ症状を呈した者56人の咽頭ぬぐい液からウイルスを分離し抗原分析をした結果, A型ウイルスH3N2が2株およびB型ウイルス10株が分離された.感染の判定は, 実験開始時および終了時に採血を行い, A/Yamagata/120/86 (HIN1), A/Saitama/55/93 (H3N2), B/Saitama/5/93と赤血球凝集抑制反応を行ない, 抗体価が4倍以上上昇したものを感染とみなした.<BR>その結果, 感染者は実験群35.1%に対して対照群では48.8%で, 有意な差 (p<0.05) が認められた.この結果, 紅茶エキスによるうがいは, インフルエンザを阻止しうる可能性が示唆された.

We examined whether gargling with black tea prevents influenza infection. Tests were carried out during a five month period (October 1992 to March 1993). The control group that followed their normal daily routine, whereas the test group that gargled with 0.5 w/v% black tea extract twice daily (at 8 a.m. and 5 p.m.).<BR>Influenza viruses were isolated from influenza patients and an antigen analysis was carried out. As a result, two strains of influenza A viruses (H3N2) and ten strains of B virus were detected.<BR>An HI test was done using paired sera of the control group and the test group. The HI titers raised a four fold or greater in 48.8%(61/125) in the control group and 35.1%(35/134) in the test group. There was a significant difference (p <0.05) between the control and test groups.<BR>These results indicate that black tea extract is effective as a prophylactic agent against influenza infection.

収録刊行物

  • 感染症学雑誌

    感染症学雑誌 71(6), 487-494, 1997

    一般社団法人 日本感染症学会

キーワード

各種コード

ページトップへ