大腸がんにおけるCEAの臨床的意義  [in Japanese] CLINICAL SIGNIFICANCE OF CEA VALUE IN THE COLORECTAL CANCER  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

岐阜大学第1外科で最近約4年間に経験した大腸癌135例中, 再発例や術前CEA測定未施行の症例を除く102例について, CEAの上昇程度と臨床および病理学的所見との関連を検討した.<BR>CEAの上昇程度が正常, 軽度, 中等度の症例は, 主占居部位, 肉眼的および組織学的進行程度, 壁深達度, 組織分化度, 癌の大きさ, 術後経過についてとくに差を認めない. しかしCEAの上昇程度とDukes分類および肝転移とは相関を認め, そのうち60ng/ml以上の症例はDukesCが13/14 (92.9%) ときわめて高率で, さらに肝転移が8/14 (57.1%) と高かった. また肝転移を有しない6症例5例が他臓器へ浸潤しており, 術後経過も累積生存率がP<SUP>2</SUP>=0%で著明に予後が悪かった.

Journal

  • The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 17(5), 919-923, 1984

    The Japanese Society of Gastroenterological Surgery

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004340638
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0386-9768
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top