準位相空間概念を用いた製造企業の品質競争力のコミュニケーション論的動態分析  [in Japanese] A Dynamic Analysis of the Quality Competitiveness of Manufacturers with the Concept of Quasi-Phase Space Based on Communication Researches  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

日米英独伊5ヶ国製造企業の大規模実態調査の品質競争力に関するデータを時間変化の観点から準位相空間の概念を導入して解析し, 品質競争力の動態分析を試みた。品質競争力の2大指標, 継続的改善力と製品品質力を横軸と縦軸に取った空間は, 時間変化するデータの点の流れを考えることによって, 品質経営上重要な近未来予測を与える可能性がある。

Journal

  • Produetion Management

    Produetion Management 13(1), 75-80, 2006

    The Japan Society for Production Management

Codes

Page Top