天候変化と気分障害 Weather change and Mood Disorder

この論文にアクセスする

著者

    • 佐藤 純 Sato Jun
    • 名古屋大学環境医学研究所 近未来環境シミュレーションセンター Futuristic Environmental Medicine, Research Institute Environmental Medicine, Nagoya University
    • 溝口 博之 Mizoguchi Hiroyuki
    • 名古屋大学環境医学研究所 近未来環境シミュレーションセンター Futuristic Environmental Medicine, Research Institute Environmental Medicine, Nagoya University
    • 深谷 佳乃子 Fukaya Kanoko
    • 名古屋大学環境医学研究所 近未来環境シミュレーションセンター Futuristic Environmental Medicine, Research Institute Environmental Medicine, Nagoya University

抄録

うつ病性障害に代表される気分障害の出現頻度は増加しており,現代社会での大きな問題となっている.以前より天候変化が気分障害の発症と悪化に影響すると考えられているが,実証研究は行われていない.そこで,筆者らは気分障害が前線通過や悪天候の際に悪化する現象の科学的実証とそのメカニズムを明らかにする目的で,抑うつモデルラットを用いて人工環境暴露実験を行ってきた.これまでに,天気変化で見られる程度の気圧低下(大気圧から 20 hPa 減圧)により,抑うつモデルラットが示すうつ様行動が増強することを明らかにし,気分障害(うつ病)が気圧低下時に悪化する現象を動物モデルで再現することに成功した.<br>

Mood disorder such as depression is serious problem in today’s society. Weather change has been known to influence the condition of patients with mood disorder, and the seasonality in the evolvement of depressive symptoms. However, no animal studies have tested the influence of climatic factor on emotional impairment. Therefore, we examined the effect of lowering barometric pressure (LP) in a climate-controlled room on immobility time in the forced swim test in rats, which is considered to be an index of behavioral despair (helplessness). Our findings demonstrated that LP in the range of natural weather change (20 hPa below the atmospheric pressure) augmented the depression-like behavior in rats.<br>

収録刊行物

  • 日本生気象学会雑誌

    日本生気象学会雑誌 48(1), 3-7, 2011

    日本生気象学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004433067
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0389-1313
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ