人文・社会科学系研究室による産学共同研究開発の有効性と実用化の成功要因に関する研究 A Study for Validity of Industry-University Research and Development Collaboration with Humanities and Social Science Research Groups, and Success Factor for Practical Use

この論文にアクセスする

著者

抄録

著者らの研究グループは,平成16年度以降約5年にわたり,教育支援システムに関する産学共同研究開発を実施してきた.また,産学の連携体制を整え,産学協同による大学発ベンチャーを設立した.本稿では,まず,この産学協同ベンチャーにより開発されたモバイルシステムの実用化事例について紹介する.その上で,大学,民間,産学のそれぞれが研究開発を行った類似の教育支援システムの比較・分析を通し,産学共同研究開発の有効性と実用化の成功要因を明らかにする.さらに,産学連携の本質を「場」の概念を用いて説明する.<br>

Since 2004 we had researched education-support system as industry-university research and development collaboration for about five years. Moreover we arranged a industry-university collaboration environment, and then incorporated a university-originated venture company. This paper will describe the actual application of a mobile system developed by a venture company incorporated by a university with industrial collaboration. In addition we analyze similar systems developed by university, industry, and industry-university collaboration, and discuss validity of industry-university research and development collaboration, and success factor for practical use. We explain the essence of industry-university collaboration program by the concept of "Ba".<br>

収録刊行物

  • 産学連携学

    産学連携学 5(2), 2_17-2_26, 2009

    特定非営利活動法人 産学連携学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004456974
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ