予期的時間評価における前頭葉の関与  [in Japanese] Contribution of Frontal Lobe to Prospective Time Estimation  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 黒崎 芳子 Kurosaki Yoshiko
    • 大田原赤十字病院 リハビリテーション科|那須赤十字病院 リハビリテーション科|新潟大学大学院 現代社会文化研究科 Department of Rehabilitation, Ohtawara Red Cross Hospital|Department of Rehabilitation, Nasu Red Cross Hospital.|Graduate School of Modern Society and Culture, Niigata University
    • 寺澤 悠理 Terasawa Yuri
    • 日本学術振興会|(独) 国立精神・神経医療研究センター The Japan Society for the Promotion of Science|National Center of Neurology and Psychiatry

Abstract

   予期的時間評価は, 現在進行する時間経過に対する認知である。これまで, 時間評価の障害が, しばしば前頭葉や側頭葉の損傷と関連することが指摘されている。本研究では, 予期的時間評価における前頭葉の関与や時間評価と注意, ワーキングメモリ, およびエピソード記憶の関係について調べた。脳損傷者と健常者の参加者は3 条件(無課題, 数字の音読, 筆算) において, 60 秒の時間産生を行った。この結果, 参加者は並列課題の認知的処理の負荷が高い場合に, 産生時間が長くなる傾向が示され, とくに前頭葉限局損傷患者では, 健常者に比べ顕著に産生時間が長くなった。 また, 予期的時間評価への注意やワーキングメモリの関与が示されたが, エピソード記憶の関与はみられなかった。これらの結果は, 前頭葉が予期的時間評価に関与すること, ワーキングメモリと関連した注意の配分処理が予期的な時間評価に影響することを示唆する。 予期的時間評価は, 現在進行する時間経過に対する認知である。これまで, 時間評価の障害が, しばしば前頭葉や側頭葉の損傷と関連することが指摘されている。本研究では, 予期的時間評価における前頭葉の関与や時間評価と注意, ワーキングメモリ, およびエピソード記憶の関係について調べた。脳損傷者と健常者の参加者は3 条件(無課題, 数字の音読, 筆算) において, 60 秒の時間産生を行った。この結果, 参加者は並列課題の認知的処理の負荷が高い場合に, 産生時間が長くなる傾向が示され, とくに前頭葉限局損傷患者では, 健常者に比べ顕著に産生時間が長くなった。また, 予期的時間評価への注意やワーキングメモリの関与が示されたが, エピソード記憶の関与はみられなかった。これらの結果は, 前頭葉が予期的時間評価に関与すること, ワーキングメモリと関連した注意の配分処理が予期的な時間評価に影響することを示唆する。

   Prospective time estimation reflects an individual's cognitive capability to estimate time intervals in various progressive situations. Several studies have shown that deficits in the estimation of time intervals are often associated with damage to the frontal and temporal lobes. In the present study, we investigate the contribution of the frontal lobes to prospective time estimation as well as the relationships among time estimation, attention, working memory and episodic memory. The participants, patients with brain damage and normal controls, were asked to produce the duration of 60 seconds under three conditions: 1) an empty task, 2) a reading-numbers task and 3) a calculation-on-paper task. The main results were that the participants had a tendency to overestimate time intervals under conditions where the concurrent task demanded more cognitive processing. Patients with localized frontal lobe damage substantially overestimated time intervals compared to normal controls. Attention and working memory affected prospective time estimation, whereas episodic memory did not. Together these results suggest that the frontal lobes contribute to prospective time estimation and that the allocation of attention, which is usually associated with working memory, also influences prospective time estimation.

Journal

  • Higher Brain Function Research

    Higher Brain Function Research 33(1), 28-36, 2013

    Japan Society for Higher Brain Dysfunction

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004467719
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1348-4818
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top