水分特性曲線を用いて不飽和土の透気係数と飽和度の関係を推定する関数モデルの考察 FUNCTIONAL MODELS TO PREDICT AIR PERMEABILITY COEFFICIENT FROM WATER CHARACTERISTIC CURVE OF UNSATURATED SOILS

この論文にアクセスする

著者

抄録

本論文は,筆者らが提案した透気試験装置・手法を用いて,排水と吸水過程での水分特性曲線と透気係数の実験的関係を調べつつ,水分特性曲線から透気係数を推定する従来の関数モデル式の測定値への適合性を分析したものである.BurdineとMualemによる関数モデル式を比較して検討した結果,Burdineモデル式は,排水過程で測定した飽和度と透気係数の関係に比較的適合する傾向にあった.しかし,間隙の屈曲による透気係数への影響を表すパラメーターξ値は土質などによって異なることが得られ,その最適値を用いるとき両モデル式のいずれによっても排水・吸水の両過程での測定値を良好な精度で再現できることが判明した.また,最適なξ値は,水分特性曲線の形状と相関関係があることなどが明らかになった.

For predicting the air permeability coefficient from the water characteristic curve of unsaturated sandy and silty soils, the applicability of the air permeability model based on the Burdine theory and Mualem theory for expressing the relationship between the air permeability coefficient and the degree of water saturation is examined. As a result, the model based on the Burdine theory is more applicable during the drying process. However, the optimized parameter ξ-values for pore tortuosity in the models are varied for each soil and related the shape of the water characteristic curve. And then, it is recognized that the both models are good agreement with each other and fitted to the measured air permeability coefficient.

収録刊行物

  • 土木学会論文集C

    土木学会論文集C 64(3), 650-661, 2008

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004468299
  • 本文言語コード
    UNK
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ