圧縮破壊後の軟化を考慮した無筋コンクリート山岳トンネル覆工の数値解析手法に関する研究  [in Japanese] A STUDY ON NUMERICAL SIMULATION METHOD FOR PLAIN CONCRETE TUNNEL LINING CONSIDERING SOFTENING DUE TO COMPRESSION FAILURE  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

昨今の各種土木構造物の設計法の性能照査型への移行の流れを受け,山岳トンネルの覆工についても性能照査型設計法の導入に向けての検討が始まっている.このような背景から,筆者らは,トンネルの限界状態と考えられる無筋コンクリート覆工の圧ざに着目し,圧縮破壊後の軟化を考慮することにより無筋コンクリートの圧ざを表現できる解析モデルを提案した.本モデルを用いて1/5スケール覆工モデルによる模型実験のシミュレーション解析や,実際の山岳トンネルの地震被害の再現解析を行った.その結果,本モデルにより無筋コンクリートのひび割れや圧ざの表現が可能であること,また,実トンネルの地震被害が正しく表現できることがわかった.

  This study focused on compression failure and spalling of concrete which can be considered as limit states of plain concrete tunnel linings, and proposed a numerical simulation method considering the compression softening of concrete which can express above mentioned phenomena. From the simulation analyses on the loading tests of 1/5 scaled railway tunnel concrete lining and the reproduction analyses on seismic damages of actual mountain tunnels, it was confirmed that the crack and the compression failure of plain concrete can be properly expressed, and the seismic damages of the tunnel are reasonably reproduced by the proposed method.

Journal

  • Doboku Gakkai Ronbunshuu C

    Doboku Gakkai Ronbunshuu C 65(4), 1024-1038, 2009

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top