トンネル坑内におけるデジタルカメラを利用した簡易粉じん測定法 DENSITOMETRY FOR SUSPENDED SPRAYED CONCRETE DUST FOR TUNNEL CONSTRUCTION BY DIGITAL CAMERA

この論文にアクセスする

著者

抄録

トンネル坑内での作業に対し,厚生労働省ではガイドラインを設置し,粉じん濃度の管理の義務化を進めており,ますます粉じんの管理が厳しくなってきている.従来,粉じん濃度計測には光散乱式デジタル粉じん計が一般的に使用されている.しかし,測定に時間がかかることや測定機毎に換算値を求める必要があることなどから,迅速かつ簡単に計測する方法が望まれている.<br> そこで,坑内をフラッシュ撮影すると浮遊する粉じんが写真に白斑として撮影されることを利用し,市販されているカメラのフラッシュ撮影写真から粉じん濃度計測を行うことを考案した.本研究では,簡易に写真から浮遊粉じん量を測定する方法論を現場計測結果と比較し確立した.その結果,解析結果と粉じん濃度にはよい相関関係が見られ,提案方法の適用性が検証できた.

  The guideline of dust control for tunnel construction works, published by the Ministry of Health, Labor and Welfare of Japan, dictates that the employer has a management duty to control the suspended dust density for the safety of workers in the tunnel construction work. The "Digital dust Indicator"(DDI) is the most accurate instrument for dust density measurements. However, DDI is also expensive.<br>  In this paper, the authors propose a dust density measuring method which measures the dust density from the digital image which carried out the flash photography. The feasibility test of real tunnel construction site, there was the high correlation in this study and DDI, and the effectiveness of this new method was confirmed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集G

    土木学会論文集G 66(1), 1-8, 2010

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004468797
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ